ことばのミソ 比較のトマト

言語の比較・対照/そのための多言語学習

スロヴァキア語の《品詞》

 スロヴァキア語の品詞について書く。参考文献をもとに,名詞形容詞代名詞数詞動詞副詞前置詞接続詞助詞間投詞の10個を扱う。

  • 目次-CONTENTS-

グロスと略号

 例文には適宜グロスをつける。この記事で使うグロスの略号は以下のとおり。グロスについて詳しくは「グロスについて」を参照。

Ø

無語尾

2

2人称

3

3人称

acc

対格

cop

コピュラ

f

女性

inan

不活動体

inst

具格/造格

m

男性

n

中性

neg

否定

nom

主格

part

助詞

pl

複数

prepl

前置格

prs

現在

ptcp

分詞

sbjv

仮定法

sg

単数

 また,人称を表す略号と区別するため,数詞を表すときは「3」のように数字にアンダーラインを引いた。

 

名詞

 人・物・場所・抽象的概念など,様々なものの名前を表す。

 スロヴァキア語の名詞は,男性名詞・女性名詞・中性名詞に分けられる。また,二つの数(単数・複数)と,6個の格(主格・生格・与格・対格・前置格・造格)に従って格変化する。格変化によって,文中での様々な役割(主語・目的語・状況語など)を表す。

  1. Michal číta časopis.
  1. Michal-Ø

    ミハル-nom

    číta-Ø

    読む-3sg.prs

    časopis-Ø

    雑誌-sg.acc

  1. ミハルは雑誌を読んでいる。

 例文1では,人名のMichal「ミハル」やčasopis「雑誌」が名詞である。Michalは主格で主語として,časopisは対格で動詞の直接目的語になっている。

名詞の例

učiteľ

「先生」

ryba

「魚」

víno

「ワイン」

časopis

「雑誌」

rieka

「川」

piatok

「金曜日」

noc

「夜」

peniaze

「お金」

hudba

「音楽」

sloboda

「自由」

 

形容詞

 人や物の属性・性質などを表す。

 形容詞は,主語・述語・補語として使われる。どんな場合でも,関係する名詞の性・数・格に合わせて変化する。

  1. krásna hudba
  1. krásn-a

    美しい-f.sg.nom

    hudb-a

    音楽(f)-sg.nom

  1. 美しい音楽

  1. Jeho hudba je krásna.
  1. Jeho

    彼の

    hudb-a

    音楽(f)-sg.nom

    je

    cop.3sg.prs

    krásn-a

    美しい-f.sg.nom

  1. 彼の音楽は美しい

 例文2は名詞の前に置かれて修飾語になり,例文3ではコピュラとともに述語になっている。どちらの場合でも,hudba「音楽」が女性名詞・単数・主格なので,形容詞krásnyも女性・単数・主格形になっている。

形容詞の例

nový

「新しい」

starý

「古い」

veľký

「大きい」

malý

「小さい」

krásny

「美しい」

čierny

「黒い」

biely

「白い」

hlavný

「主な」

slovenský

「スロヴァキアの」

český

「チェコの」

 

代名詞

 ほかの語の代わりになったり,何かを指し示したりする。

 用法によって,人称代名詞・再帰代名詞・所有代名詞・指示代名詞・疑問代名詞・定代名詞・不定代名詞などの種類がある。名詞的な格変化・用法をもつものもあれば,形容詞的な格変化・用法をもつものもある。

  1. Čo čítaš?
  1. Čo

    .acc

    číta-š

    読む-2sg.prs

  1. (あなたは)何を読んでいるの?

  1. moje peniaze
  1. moj-e

    私の-m.inan.pl.nom

    peniaz-e

    お金(m.inan)-pl.nom

  1. 私のお金

 例文4の疑問代名詞čo「何」は対格で,動詞の直接目的語になっている。例文5ではmôj「私の」が形容詞のように名詞を修飾し,性・数・格も名詞に一致している。スロヴァキア語では,形容詞や代名詞の格変化で男性名詞の活動体(生きているもの)と不活動体(生きていないもの)を区別することがあり,例文5でもこの区別が反映されている。

代名詞の例

ja

「私」

môj

「私の」

seba

「自分自身」

ten

「その」

čo

「何」

kto

「誰」

všetok

「すべての」

ktorý

「どの」

 

数詞

 個数詞・集合数詞・順序数詞などいろいろな種類がある。格変化するものとしないものがあり,名詞・形容詞・副詞など,様々な品詞の特徴を持つ。

  1. tri knihy
  1. tr-i

    3-f.nom

    knih-y

    (f)-pl.nom

  1. 3冊の

  1. tretia kniha
  1. tret-ia

    3番目の-f.sg.nom

    knih-a

    (f)-sg.nom

  1. 3番目の

 例文6は個数詞の例。例文7は順序数詞の例で,順序数詞は形容詞的な変化をするので,名詞と性・数・格が一致している。

1から10までの個数詞

1

jeden

2

dva

3

tri

4

štyri

5

päť

6

šesť

7

sedem

8

osem

9

deväť

10

desať

 

動詞

 動作や状態などを表す。

 スロヴァキア語の動詞には,アスペクトを表すと呼ばれる文法カテゴリーがあり,すべての動詞は不完了体・完了体のどちらかまたは両方に属している。多くの場合,同じ意味の動詞に対して,不完了体と完了体がペアになっている。例えば,čítať「読む」(不完了体)とprečítať(完了体)など。

 動詞は,法・時制・人称・性・数などに従って活用する。

  1. Michal číta časopis.
  1. Michal-Ø

    ミハル-nom

    číta-Ø

    読む-3sg.prs

    časopis-Ø

    雑誌-sg.acc

  1. ミハルは雑誌を読んでいる

 例文8では,主語がMichal「ミハル」(3人称・単数)で現在のことを表しているので,動詞は3人称・単数・現在形に活用している。

動詞の例

čítať

「読む」

písať

「書く」

jesť

「食べる」

piť

「飲む」

hovoriť

「話す」

ísť

「行く」

hrať

「遊ぶ」

chcieť

「ほしい」

 

副詞

 ほかの語を修飾する。基本的には語形変化しないが,形容詞から派生した一部の副詞には比較級・最上級がある。

  1. Michal číta ticho časopis.
  1. Michal-Ø

    ミハル-nom

    číta-Ø

    読む-3sg.prs

    ticho

    静かに

    časopis-Ø

    雑誌-sg.acc

  1. ミハルは静かに雑誌を読んでいる。

副詞の例

dobre

「上手に」

ticho

「静かに」

ľahko

「簡単に」

vždy

「いつも」

dnes

「今日」

tam

「そこに」

vonku

「外に」

veľmi

「とても」

 

前置詞

 特定の格の語と結びついて,様々な意味を導く。語形変化はしないが,特定の子音連続を避けるため,結びつく語によっては少し形が変わることがある。

  1. na stole
  1. na

    …の上に

    stol-e

    -sg.prepl

  1. の上に

 前置詞naは前置格の名詞と結びついて「…(の上)に」などの意味を表す。前置格は常に前置詞と結びついて用いられる格である。

前置詞の例

v

「…(の中)に」

na

「…(の上)に」

s

「…とともに」

bez

「…なしの」

do

「…へ」

o

「…について」

pred

「…の前に」

u

「…のもとで」

 

接続詞

 語と語あるいは文と文などを結びつけたり,節を導いたりする。語形変化はしない。

  1. medzi letom a zimou
  1. medzi

    …の間に

    let-om

    -sg.inst

    a

    zim-ou

    -sg.inst

  1. 冬の間に

接続詞の例

a

「と,そして」

ale

「しかし」

aby

「…するように」

než

「…より」

keby

「もし…」

že

「…ということ」

 

助詞

 文の内容に対する話し手の態度・判断などを表す。語形変化はしない。

  1. Bodaj by zajtra nepršalo!
  1. Bodaj

    part

    by

    sbjv

    zajtra

    明日

    ne-prša-lo

    neg-雨が降る-n.sg.ptcp

  1. 明日雨が降りませんように!

 例文12では,bodajは願望を表す文を導く助詞,byは仮定法を作る助詞である。bodajは,仮定法と合わせて願望を表す。

助詞の例

áno

「はい」

nie

「いいえ」

by

仮定法を作る

nech

3人称命令を作る

dokonca

…さえ

len

ただ…だけ

 

間投詞

 話し手の感情・意志を表す語や,擬音語・擬声語が含まれる。

  1. Ach, jeho hudba je krásna.
  1. Ach

    intj

    jeho

    彼の

    hudb-a

    音楽(f)-sg.nom

    je

    cop.3sg.prs

    krásn-a

    美しい-f.sg.nom

  1. ああ,彼の音楽は美しい。

 語例は割愛。

 

参考文献

  • 『スロヴァキア語文法』大学書林,2004年,長與進

 

関連記事

misotomatics.com